関係者の方へインタビュー

SAMPLE SITE

昆虫食について詳しい昆虫食活動家の清水和輝さんにお話を伺いました



清水和輝
1999年奈良生まれ 近畿大学農学部でIOTを利用した農業環境について学んでいる 主に関西で試食イベントの開催や昆虫食YouTuberとして発信するなど昆虫食活動家として活躍している 活動の最大のテーマは「昆虫食への抵抗感を取り除き、一般の食卓に並ぶ食材として普及させる」 15歳の時の見たテレビをきっかけに興味が湧いたことをきっかけに昆虫食についての活動を始める

Q.昆虫食のメリットとデメリットはなんですか?
A. メリットは環境にいいこと、新しいものに触れる楽しみ、美味しく、伝統的であること
デメリットは供給量が少なく、味が安定していない、見た目に対する嫌悪感が強いことです

Q.昆虫食の今後の展開について教えてください
A.今では形あっての昆虫食だが、将来どんどん形を無くしてパウダーやドリンク化して一般流通するようになり、昆虫食は昆虫料理となってよりお洒落で洗練されたものも出来上がるし、より家庭向けに開発されたものも出てくる。

Q.広めるためにはどうしたらいいですか?
A. 広めるには知ってもらうこと。昆虫食が世界でどのような立場にあるのか、なぜ食べる事が環境を救うのか、おいしい食べ方はなんなのか、グロテスクに感じないようにするには?など、知られていないことを動画やセミナーで伝えること。また、無印良品のコオロギせんべいなど大手との協力。

Q.おすすめの昆虫食はなんですか?
A. おすすめはコオロギコーヒーですかね笑 コーヒーが苦手な方ならタガメサイダーなんかも良いですね。
形を味わいたいならジョロウグモやバッタ系、セミの幼虫、コオロギなどが比較的入門種かなと思います。まずは加工品から入るのが初心者には優しいでしょう。

Q.これからやっていきたいことについて教えてください
A. 昆虫食を広める。
普及させるといえども簡単なものではありません。見た目の克服や味、機能性など課題は山ほどあります。
その一つ一つをより多くの人の支持を得られるような形で良いもとに仕上げることが今後の目標です。 コーヒーだけでなく、もっと多くの人が楽しめるような昆虫食を開発したいですね。


清水和輝さんのYouTubeチャンネルは下記のリンクです。清水さん、インタビューに応じて下さりありがとうございました。

  • https://www.youtube.com/channel/UCMQosID0d95_XlYGRCk8iow